C# 機能で PowerBuilder を強化する

『SnapDevelop』  – REST APIとライブラリを高速に開発する軽量のC# IDE –

SnapDevelop とは?

Appeon 社が新たに開発した C# 開発専用の軽量な IDE で、PowerBuilder 2019 R3 以降のバージョンにバンドルされています。

また、以下のようなツールも提供されており、PowerBuilder の既存資産を活用してすばやく Web API の開発ができる IDE になっています。

  • DataWindow Converter
    • PowerBuilder の DataWindow を使用して、 C# データオブジェクトとモデルを生成できます。
  • Scaffolding
    • モデルから Appeon 社が開発した ORM SnapObjects を使ったコントローラー、サービスを自動で生成します。
  • PowerScript Migrator (※)
    • PowerBuilder の非ビジュアルオブジェクトに記述された PowerScirpt 構文や埋め込み SQL などを C# 構文に移植することができます。
  • WebAPI Tester
    • グラフィカルに WebAPI のテストやデバッグが可能なテストツールです。
    • パラメーターの指定やレスポンスデータを視覚的に操作/確認することができます。

これらの機能により、PowerBuilder のソースコードからスピーディに Web API を開発することが可能です。

※ PowerScript Migrator は PowerBuilder CloudPro エディションにのみ使用できます。


何故、SnapDevelopを使うべきか、またその特徴は

『SnapDevelop』の詳細につきましては、下記サイトで迅速なコーディングおよびコード修正の高速化、統合されたデバッグ機能、 視覚的なREST APIのテストなど、動画を交えて紹介しておりますので、是非ご参照ください!!

SnapDevelop製品紹介

 


参考事例

『PowerBuilder と SnapDevelop を利用した 3 層構造のシステム』や『WebAPI連携システムへのマイグレーション』の詳細につきましてはマイグレーションページでも紹介しておりますので、あわせてご参照ください!!

Web API連携システムの構成例

RibbonBar Control

WebAPI連携システムへのマイグレーション


PowerBuilder 2019 R3日本語版から追加された新機能、C# IDE 『SnapDevelop』をお試しいただければと思います。

PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画