マイグレーション

マイグレーション

マイグレーションとは?

現在ご使用されているお客様のアプリケーション・ソフトウェア資産を最新のシステム環境で安定的な動作を実現できるように「システム移行(System Migration)」を行う作業の総称です。

PowerBuilderは、アプリケーション・ソフトウェアを開発する「統合開発環境」※1という製品です。

※1統合開発環境(以下IDEと略す:Integrated Development Environment)

PowerBuilderは、Appeon社にて製品開発を継続することになってから、最新のOSやデータベース環境に迅速に対応しながら、機能拡張を長期的な製品ロードマップ計画に基づいてバージョンアップしているIDE製品です。

Oracle社製品・Microsoft社製品などと同じく最新のテクノロジー環境に対応するべく、さまざまな機能強化を行いこのようなデータベース製品やクライアントOS製品のバージョンアップにも迅速に対応しております。

もちろん、クラウド環境にも移行対応できるように製品ラインアップも充実させる計画を実行中です。

従来のSAP PowerBuilder製品は、すでに製品保守期限が終了しておりますので、当然に最新のデータベースやOS環境には対応しておりません。  つまり、その環境で開発されたアプリケーション・ソフトウェア資産も、最新のテクノロジーには対応できない状態のままなのであります。  そのため、クライアントPCの入替えや周辺機器のシステム環境が更新されたり、データベース製品のバージョンアップが行われますと、突然、システム動作が不安定になったり、エラー障害が多発したりなどの不具合が発生することがあります。  これは、ご利用者の重要な業務システムの稼働自体がストップして、連携している他の業務システム運用にも多大な損害を与える二次被害のリスクが新たに出てきます。  そして、システム環境を従来の環境に復元する作業、データ再入力作業、正しく処理されたか?検証する作業などで復旧するために多大な労力と時間を費やしてしまいます。  こうしたトラブルを防ぐ上でも、Appeon PowerBuilder 2017 R3にてマイグレーションを行う必要があります。

マイグレーションとは?

すべてのアプリケーション・ソフトウェアをマイグレーションして最新のシステム環境に対応することで、業務システムとして安定稼働するだけでなく、PowerBuilderのさまざまな新しい機能を活用することが可能になります。

お客様の大切なソフトウェア資産を持続的に安定稼働させて、今後の市場環境の変化に迅速に対応する機能改良を加えて将来に亘って成長するシステムとして資産活用する上でも、マイグレーションは重要な作業となります。

PowerBuilderで開発した業務システムのマイグレーションについて、「詳しく相談したいが、色々な問題があって、どのように進めればいいのか?」と、お悩みを抱えているお客様のお役に立てる情報を以下にご紹介します。

出来る限りわかりやすく整理し、ご説明します。  また、いただいたご意見も参考にしながら情報を追加して充実していく予定です。  「マイグレーションよもやま話」なども逐次、追加していく予定です。  併せて期間限定ですが直接の相談窓口も開設しました。

是非、「PowerBuilderのマイグレーション」について参考にしてください。

クリックマイグレーションしないリスク

クリックマイグレーションするメリット

クリックマイグレーション検討時の事前調査

クリック標準的なマイグレーション手順

クリックマイグレーション作業の注意点


マイグレーションでクラウド活用もできる?

ここまではPowerBuilderをバージョンアップするだけのマイグレーションについてご紹介してきました。

でも、「せっかく期間とコストをかけてマイグレーションするならWebシステムにしたい!」「クラウドも活用したい!」と思われるお客様も多いと思います。

ここからはクライアント/サーバー型からシステム構成を変更し、クラウドをも活用できるマイグレーション方法をご紹介します。

今までの資産を有効活用し、運用コストの削減やビジネスロジックの再利用まで可能にするさまざまな方法がありますので、PowerBuilderシステムのマイグレーションを検討するときの参考にしてください。

クリックWebシステムへのマイグレーション

(他、随時追加予定です)

 

マイグレなんでも相談室の申込み

(期間限定:2020年7月20~9月30日)

 

マイグレーション「よもやま話」

マイグレーション よもやま話

これまでにご支援してまいりましたマイグレーション案件でのさまざまな経験から、数多くの発見や気づきがありました。

ここでは、そんなマイグレーションにまつわる「ここだけ」のお話をアップしたいと思います。

マイグレーションでのよくあるご要望や見落としがちなポイントなど、是非参考にしてください。

よもやま話ソースコードがスパゲッティ、仕様書もありません!

よもやま話PowerBuilder技術者様、出番です!

よもやま話Web化への道!(1)どうすればいいの?

よもやま話Web化への道!(2)導入事例は?

よもやま話やっぱり?気になる費用のお話

よもやま話テストが重要!備えあれば、憂い少し?

PowerBuilder「こぼれ話」

PowerBuilder製品は、発売してから約30年の長い歴史を持つ製品です。

この永き歴史の中で数多くの開発エピソードも生まれました。

PowerBuilder こぼれ話

ここでは、当サイトのテクニカルブログビルダーコラムでは掲載していない数々のPowerBuilderにまつわる情報をアップしたいと思います。

いまさら?イヤ、今更ながら、今だからこそPowerBuilderのすごさを是非、再認識してみてください。

こぼれ話PowerBuilderの将来性

こぼれ話今日もどこかでPowerBuilder

こぼれ話結構、すごいぞ!PowerBuilderを使っている企業・団体・IT関連etc

こぼれ話急な「改定・改版」に威力を発揮するPowerBuilderの高生産性

こぼれ話一度使うとやめられない、高生産性の要であるDataWindowの持ち味

PowerBuilder マイグレーション