Tips

 

全データを一度に検索しないようにしてユーザーの待ち時間を短縮する

方法 データの件数が多く、検索が完了するまで時間が掛かる場合は「必要な行だけ検索」オプションを利用します。 デフォルトでは、データウィンドウで Retrieve 関数でデータベースを検索すると一度に全部のデータを格納する […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウの SELECT 文の条件を動的に追加する

方法 検索引数を利用して動的に条件を変更する場合、指定される可能性のあるすべての条件を WHERE 句としてあらかじめ準備しておく必要がありますが、データウィンドウの WHERE 句をスクリプトにより動的に追加することで […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

TreeView コントロールで一番上の項目を選択する

方法 TreeView コントロールで一番上の項目に移動するには、FindItem 関数と SelectItem 関数を使用します。FindItem 関数に引数 「RootTreeItem!」 を渡すことで、一番上の項目 […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

タブコントロールで現在選択しているタブ番号を取得する

方法 タブコントロールで現在選択しているタブ番号は、タブコントロールの SelectedTab プロパティで取得します。 SelectedTab プロパティにはタブコントロールで現在表示されているタブページのインデックス […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

Enter キーでコマンドボタンの Clicked イベントを発生させる

方法 コマンドボタン Clicked イベントを Enter キーで発生させるには、pbm_keydown ユーザーイベントを作成するか、「デフォルト」プロパティを有効にします。 pbm_keydown ユーザーイベント […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

Run 関数で起動したアプリケーションが終了するまで処理を止める

方法 Run 関数で起動したアプリケーションは非同期で実行されるため、アプリケーションの終了を待たず即座に次の処理が行われます。同期処理のように Run 関数で起動したアプリケーションが終了するまで処理を停止するには、レ […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

ウィンドウ上のコントロールを一括で操作する

方法 ペインタでウィンドウに配置されたコントロールは Window オブジェクトの Control プロパティに格納されています。 Control プロパティは PowerObject 型の配列であり、TypeOf 関数 […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

DB ペインタのデータ操作ペインタで開いたテーブルに行を追加する

方法 DB ペインタの「データ操作ペインタ」で開いているテーブルに行を追加するためには、対象のテーブルにプライマリキーもしくはインデックスが作成されている必要があります。 また、プライマリキーやインデックスがないテーブル […]

  • IDE
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

カスタムユーザーオブジェクトをタブページとしてタブコントロールに追加する

方法 タブコントロールにはカスタムユーザーオブジェクトそのものをタブページとして追加することができます。 ペインタからはタブコントロールのタブ部を右クリックし、ポップアップメニューの [ユーザ オブジェクトの挿入] を選 […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

データウィンドウの水平スクロールを任意の位置に移動する

方法 データウィンドウの水平スクロールを任意の位置にスクロールするには、ドット表記またはデータウィンドウの Modify 関数を使用して、HorizontalScrollPosition プロパティを設定します。 設定で […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

エディットマスクコントロールの和暦データを西暦で取得する

方法 エディットマスクコントロールに和暦で表示された日付を日付型のデータとして取得するにはデータウィンドウの GetData 関数を利用します。 エディットマスクの「マスク」プロパティに “ggnn/mm/d […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

拡張子が msi のインストーラーを実行する

方法 msi ファイルは、Run 関数を使用して直接実行することはできません。Run 関数を使用して msi インストーラーを実行する場合は、Windows のインストーラー msiexec.exe を実行し、パラメータ […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

シングルラインエディットで Enter キー入力時に次のコントロールにフォーカスを移動する

方法 シングルラインエディットで [Enter] キーが押されたときに次のコントロールにフォーカスを移動するには、ウィンドウの Key イベントで [TAB] キーを送信します。 シングルラインエディットへの [Ente […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

データウィンドウ上でクリックされたオブジェクトの種類を取得する

方法 クリックされたデータウィンドウ上のオブジェクトの種類を取得するには、データウィンドウの Clicked イベントで dwo 引数の Type プロパティを判定します。 Type プロパティは DWObject の種 […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

フォルダー内のファイルの一覧を取得しリストボックスに格納する

方法 特定のディレクトリ内にあるファイルの一覧を取得し、リストボックスに格納するには DirList 関数を利用します。 構文 listboxname.DirList ( filespec, filetype {, st […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

エディットコントロールに文字が入力される度にイベントを発生させる

方法 データウィンドウの EditChanged イベントのように、シングルラインエディットやマルチラインエディットに文字が入力/削除されるたびにイベントを発生させるには、イベント ID : pbm_enupdate の […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

データウィンドウを段組みで印刷する

方法 データウィンドウの段組み印刷はデータウィンドウオブジェクトのプロパティで [印刷の仕様] タブの [段組みカラム] プロパティで設定します。 たとえば、[段組みカラム] プロパティを 2 に設定すると、1 段目がペ […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

レジストリにバイナリ値をセットする

方法 レジストリに値をセットするには、RegistrySet 関数を使用します。 構文 RegistrySet ( key, valuename, valuetype, value ) 引数 説明 key レジストリの絶 […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

コピー&ペーストによる入力を制限する

方法 メールアドレスやパスワードなどの項目に対してコピー&ペーストによる入力を制限するにはコントロールの種類によってそれぞれの方法があります。 シングルラインエディットまたはマルチラインエディット シングルラインエディッ […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

複数のデータウィンドウを 1 つの印刷ジョブとして出力する

方法 複数のデータウィンドウを 1 つのジョブで印刷を行うには、PrintOpen 関数で印刷ジョブを開き、PrintDataWindow 関数でそれぞれのデータウィンドウを印刷します。 ただし、デフォルトではプリンター […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

計算フィールドで Truncate 関数を使用して正しい計算結果を取得する

方法 データウィンドウ上で定義した計算フィールドで Truncate 関数を使用した際に、取得された結果が想定した値と異なる場合は、引数に定数を付加 (例 : truncate(x+0.0000001,n)) します。 […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

計算フィールドの表示値と取得値の誤差を防ぐ

方法 数値型の計算フィールドは内部的に Double 型 (浮動小数点型) のデータとして保持しています。 そのため GetItemDecimal 関数で値を取得すると、浮動小数点数の影響から Decimal 型の変数の […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

入力文字がカラムの最大値に達したときに自動でフォーカスを移動させる

方法 エディットマスク編集様式ではカラムのプロパティの [編集] タブで [自動スキップ] を有効にすることで、入力可能な最大文字数 (「最大値」プロパティ) に達した場合に次の項目にフォーカスが移動します。 エディット […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

MDI で作成されたウィンドウ内のシートを最大表示で使用する

方法 マルチ ドキュメント インターフェイス (MDI) で作成されたアプリケーションのシートを最大表示で開くには、OpenSheet 関数の arrangeopen 引数に [Layered!] を指定します。 MDI […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

データウィンドウの「グループごとに改ページ」を切り替える

方法 データウィンドウに作成したグループのプロパティ「グループごとに改ページ (NewPage)」はスクリプトで変更することができません。 このため、「グループごとに改ページ」が有効のものと無効のデータウィンドウオブジェ […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウで選択した文字列および文字数を取得する

方法 データウィンドウで現在選択されている文字列を取得するには、データウィンドウコントロールの SelectedText 関数を使用します。 また、選択された文字列の文字数を取得するには Len 関数を使用します。 【例 […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

Sum 関数で条件に適合した行の値のみを合計する

方法 データウィンドウの計算フィールドで Sum 関数で条件に適合した行のみを合計するには、If 文で条件を指定し、条件が一致する場合に指定したカラムの値を返し、条件が一致しない場合は 0 を返した結果を Sum 関数で […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

動的に作成したデータウィンドウのプロパティを指定する

方法 動的に作成したデータウィンドウのプロパティを指定するには、以下の方法があります。 1. SyntaxFromSQL で指定する SyntaxFromSQL の第 2 引数で、さまざまなプロパティを指定してデータウィ […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

SaveAs で出力するデータのカラム名を変更する

方法 SaveAs 関数で出力するデータのカラム名を指定するには、プロパティの dbName を変更します。 SaveAs 関数で第 3 引数の colheading に TRUE を指定することで、出力されるファイルに […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

複数 DB に接続した状態で SQLSA を使用した動的 SQL を実行する

方法 SQLSA を使用した動的 SQL を複数のデータベースに実行するには、使用するトランザクションオブジェクトを PREPARE 文で指定します。 アプリケーションから複数のデータベースに接続するには下記の Tips […]

  • Database
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder学習、動画で始めちゃう?