Tips

 

プリンターのプロパティ画面を表示する

方法 印刷する前にプリンターのプロパティを表示させ、用紙サイズまたは印刷の方向などを指定するには PrintSetupPrinter 関数を利用します。 【例】 // プリンターのプロパティを表示 (キャンセルやエラーの […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック
  • 印刷、ファイル出力

グラフのスケールを相対的に変動させないようにする

方法 グラフデータウィンドウの Y 軸はデフォルトでは現在のデータの値に応じて自動でスケールが設定されます。 Y 軸のスケールを固定するには、プロパティ「自動目盛」のチェックをオフにしたうえで最大値、最小値を設定します。 […]

  • PowerBuilder
  • window
  • プログラミングテクニック

データウィンドウへのファイルインポート時にユーザーにファイルを選択させる

方法 データウィンドウへインポートするファイルをユーザーに選択させるには、ImportFile 関数の引数であるファイルパスに空文字 (“”) を渡します。 選択できるファイルの種類としては、「タ […]

  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウコントロールの内容全体をコピーする

方法 データウィンドウコントロールの内容全体をコピーするには GetFullState 関数を利用します。GetFullState 関数は Blob 型のデータとしてデータウィンドウのデータを含め、プロパティやレイアウト […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

部分一致でデータウィンドウのデータを絞り込む

方法 データウィンドウ内の文字列のデータを部分一致でフィルタリングする場合は、フィルター条件に Like 演算子を使用し、”%” を付加して指定します。 また、Like 演算子の条件内では任意の […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウで未入力の条件を無視して検索する

方法 データウィンドウでの検索において、複数ある条件の中からユーザーに任意の条件を指定させる場合など条件の個数が固定ではない場合に、未入力の条件を無視した検索を実装する方法がいくつかあります。 方法 1 : 動的に条件を […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

ドロップダウンデータウィンドウに対してフィルターをかける

方法 ドロップダウンデータウィンドウ (dddw) をフィルタリングするには、GetChild 関数で子データウィンドウを取得した上で、取得したデータウィンドウに対して SetFilter を用いて条件を指定します。 【 […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウに配置されたコントロールをスクリプトで別の区域に移動する

方法 データウィンドウ内のコントロールを別の区域に移動するには、SetPosition 関数を使用します。 SetPosition 関数の構文は下記のとおりです。 integer dwcontrol.SetPositio […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

ウィンドウのハードコピーを印刷する

方法 PowerBuilder で作成したアプリケーションのウィンドウのハードコピーを取得する場合、ウィンドウやグラフコントロールといったビジュアルオブジェクトを印刷ジョブに取り込むことが可能な Print 関数の構文 […]

  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

フォルダー内に保存されているすべてのファイルを別フォルダーにコピーする

方法 フォルダーに保存されているすべてのファイルを別フォルダーにコピーするには、BAT ファイルや Windows API を利用して行う方法があります。 以下の例では一時的に BAT ファイルを作成後、その BAT フ […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

コンパイル時のデータベースに関する警告メッセージをオフにする

方法 IDE でコンパイルや実行の際のデータベースに関する警告メッセージをオフにするには、スクリプトのオプションで「DB 警告メッセージの表示」のチェックを外して PowerBuilder を再起動します。 スクリプトの […]

  • IDE
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

多次元配列を実装する

方法 PowerBuilder では多次元配列の添字を可変長にすることができませんが、別途構造体に可変長配列のメンバを定義しその構造体自体を可変長配列として定義することで代替できます。 【例】 [str_test 構造体 […]

  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

コントロールに記述されているソースコードを取得する

方法 コントロールに記述されているソースコードを取得するには ClassDefinition オブジェクトと ScriptDefinition オブジェクトを利用します。 目的のコントロール (オブジェクト) について […]

ログイン認証されていないサーバー上のファイルやフォルダーにアクセスする

方法 ログイン認証されていないサーバー上のファイル / フォルダーに対して FileCopy 関数や FileMove 関数、CreateDirectory 関数、RemoveDirectory 関数などといったファイル […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

ドロップダウンリストボックスで削除した項目の空白をつめる

方法 ドロップダウンリストボックスに追加されている項目を IDE 上で削除するには、ドロップダウンリストボックスのプロパティシートの [項目] タブの先頭にある数値をクリックし、選択状態にしてから [Delete] キー […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

分割されたデータウィンドウの右側を左右矢印キーでスクロールする

方法 左右に分割されたデータウィンドウでは左右の矢印キーを入力しても左側のペインのみがスクロールします。右側のペインをスクロールさせるには対象のデータウィンドウに pbm_dwnkey を指定したユーザーイベントを作成し […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウの行を変更の有無にかかわらず更新・削除の対象外にする

方法 データウィンドウで検索された行に対して変更や削除を行うと、Update 関数を呼び出した際にデータベースに対してそのデータの更新や削除が行われます。 特定の行に対してデータウィンドウ上で変更したかどうかにかかわらず […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウの現ページと総ページ数をスタティックテキストに動的に表示する

方法 現在のページを動的にスタティックテキストに表示するには、データウィンドウの ScrollVertical イベントで、現在のページ数と総ページ数を取得します。 データウィンドウの現在のページ数と総ページ数は下記のデ […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

表示書式が設定されているカラムでゼロサプレスを行う

方法 表示書式で数値のマスクに # を指定したうえで単位などの文字を付加した場合、ゼロサプレスされないことがありますが、シングルクォーテーションで文字を囲むか、文字の前に “\” 記号をつけて文字 […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

スクリプトで新規フォルダーを作成する

方法 スクリプトで新しいフォルダーを作成するには CreateDirectory 関数を利用します。 【例】現在の作業フォルダーに新しいフォルダー temp1 を作成する string ls_path integer l […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

ファイルのパスからファイル名のみ取得する

方法 ファイルのパスが格納されているテキストから、拡張子を含むファイル名を取得する場合は、LastPos 関数を使用することで取得できます。 LastPos 関数を利用してファイルパスに含まれる最後の “\& […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

先祖オブジェクトのイベントの戻り値を子孫の同イベントで使用する

方法 先祖のオブジェクトに記述されたイベントや関数の戻り値を子孫のスクリプトで利用する場合は、AncestorReturnValue 変数を利用します。 先祖スクリプトを拡張したイベントや関数では、先祖スクリプトが実行さ […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

カラムのプロパティに設定した式を動的に取得する

方法 データウィンドウのカラムのプロパティに設定した式は Describe 関数やドット表記でプロパティの値を取得し、タブ文字 (~t) の後の文字列を切り出します。 カラムのプロパティに式を設定すると、設定されている値 […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

SQL UPDATE 文でデータ更新されたか否かを判断する

方法 埋め込み SQL で UPDATE 文を使用した際に Where 条件式で指定した対象の行が存在せず更新された行が無かった場合でも、sqlca.sqlcode には 0 が返ってきます。 データが実際に更新されたか […]

  • Database
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウでデータベースから検索した時点の値を取得する

方法 データウィンドウで検索したデータに対して値を変更してしまった後で、検索された時点の値を取得したい場合は、GetItemNumber や GetItemString など GetItem 関数で第4引数 (origi […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

データウィンドウ式の結果を計算フィールドを使用せずに取得する

方法 スクリプトのみでデータウィンドウ式の結果を取得するには Describe 関数の引数内で Evaluate 関数を使用します。 Evaluate 関数を使用した Describe 関数の呼び出し方法の構文は下記のと […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

ウィンドウに配置した同種のコントロールを配列に格納する

方法 ウィンドウ上に配置されている同じ種類のコントロールを配列に格納するには、ウィンドウの Control プロパティを取得し、TypeOf 関数でコントロールの種類を判定します。 Control プロパティはウィンドウ […]

  • PowerBuilder
  • コントロール、ウィンドウ
  • プログラミングテクニック

システムツリーに表示されるターゲットの順序を変更する

方法 システムツリー内に表示されているターゲットの順序は、ワークスペースのプロパティで変更することができます。 ワークスペース名をマウス右クリックで表示されるメニューから [プロパティ] を選択するとワークスペースのプロ […]

  • IDE
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック

呼び出したイベントを現在の処理の後で実行させる

方法 PowerBuilder では POST を使用することで、システム関数、グローバル関数、オブジェクト関数、ユーザ定義関数および外部関数といった関数や組み込みのイベント、ユーザ定義イベントを、呼び出し元の処理が完了 […]

  • PowerBuilder
  • PowerScript
  • プログラミングテクニック

一定の行数でデータウィンドウを改ページする

方法 データウィンドウにおいて一定の行数ごとに改ページを行うには、”Ceiling(GetRow() / n)” といった式の計算フィールドで行をグループ化します。 手順は下記のとおりです。 デー […]

  • Datawindow
  • PowerBuilder
  • プログラミングテクニック
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画