PowerBuilder 2019 R3 (Build 2670) 英語版 GA

PB2019リリース

Appeon PowerBuilder 2019 R3 (Build 2670) 英語版 GA がリリースされました。

自動アプリ配布と長期サポートの PowerBuilder 2019 R3 がリリース

データリッチビジネスアプリの開発を加速させるソフトウェアプロバイダーである Appeon 社が PowerBuilder 2019 R3 の一般提供を発表しました。 このリリースでは、PowerClient と呼ばれる画期的な新しいアプリ配布テクノロジーを提供します。 PowerClient は、HTTPS を介したクライアントアプリのインストールと更新を安全に自動化し、クライアント / サーバーとクラウドの両プロジェクトタイプをサポートします。 これにより、PowerBuilder がインストール可能なクラウドアプリ (クラウドネイティブアーキテクチャを備えたインターネット配布可能なネイティブアプリ) を作成する道が開かれます。 PowerBuilder ファミリー製品内でクラウド資産をすばやく作成するサポートをするため、.NET データストアは、非同期機能、さまざまなコード生成ユーティリティ、強化されたデバッグ、および Amazon Aurora および Azure クラウドデータベースのサポートによって大幅に強化されました。 PowerBuilder 2019 R3 は、他の多くの重要な新機能を提供する一方で、以前の LTS バージョンを置き換える長期サポート (LTS) バージョンです。

新着情報

PowerBuilder 2019 R3 には、PowerScript および C# プロジェクト用の次の主な機能強化が含まれています。

PowerScript 開発の機能強化 (PowerBuilder)

  • 配布の自動化
    • PowerClient は、HTTPS を介したクライアントアプリのインストールと更新を安全に自動化し、クライアント / サーバーとクラウドの両プロジェクトタイプをサポートします。 クライアントファイルは暗号化 / デジタル署名され、実行前に整合性が検証されます。 インストールプログラムの作成、ユーザーへのアプリ配布、アプリの最新の状態の維持に関連する労力とコストを排除します。
  • 複数ランタイムバージョンでのコンパイル
    • PowerBuilder IDE は、アプリケーションの実行、デバッグ、およびコンパイルに使用するランタイムバージョンの切り替えをサポートするようになりました。 メジャーバージョン、リビジョン、およびメンテナンスリリース前後の両バージョンを切り替えることができます。 これにより、開発者はランタイムの影響を受けることなく IDE の拡張機能を取得し、さまざまなランタイムバージョンで複数プロジェクトを維持し、ランタイムバージョンを簡単に戻すことができます。
  • Apache ECharts
    • Apache ECharts は、PowerBuilder およびデータウィンドウテクノロジとシームレスに統合されるようになりました。 デモアプリは、モダンなインタラクティブチャートを利用して PowerBuilder を簡単でリッチにする方法のデモンストレーションを提供します。 ゲージ、ヒートマップ、キャンドルスティック、スキャッター、ファンネルなどの新しいグラフスタイルでデータを視覚化します。 そして、グラフデータをすばやくドリルダウン、セグメント化、およびフィルタリングします。
  • Web Browser 強化
    • 組み込みの Chromium Web ブラウザーは、JavaScript と PowerScript を同期 / 非同期的に簡単に統合できるように拡張されています。 開発者は、Web コンテンツを安全に表示できるだけでなく、新しい視覚的可能性と JavaScript 機能でアプリを充実させることができます。 また、Basic 認証と Digest 認証もサポートしています。
  • Microsoft UI Automation
    • PowerBuilder は Microsoft UI Automation フレームワークをサポートしたことで、アプリをよりアクセシブルにし、プロセスを自動化する可能性が広がります。 accessible プロパティを構成するだけで、自動テストツール、RPA ツールの活用やアクセシビリティ規定に準拠することができます。
  • Git 強化
    • Git 統合が大幅に強化され、PowerBuilder IDE 内から複雑な Git 操作を実行できるようになりました。 ブランチの作成と切り替え、競合のマージ、詳細なエラーログの確認が簡単にできるため、PowerScript プロジェクトで Git を使用する際の生産性が大幅に向上します。

C# 開発の機能強化 (SnapDevelop、.NET DataStore、PowerScript Migrator)

  • .NET Core 3.1 サポート
    • SnapDevelop は、.NET Core 3.1 に基づく C# プロジェクトの開発をサポートするようになりました。 LTS バージョンであることに加えて、.NET Core 3.1 には、新しい JSON API、ARM 64、C# 8.0 のサポートなどの多くの改善が含まれています。
  • 非同期プログラミング
    • .NET データストアで提供される新しい非同期 CRUD メソッドにより、開発者はよりスケーラブルでレスポンス性の高いアプリを構築できます。 非同期クエリと保存、埋め込み / 動的 SQL、および非同期サービスとコントローラーのスキャフォールディングをサポートします。
  • 強化されたデバッグ
    • SnapDevelop で C# プロジェクトをより簡単かつすばやくデバッグします。 デバッガーはリファクタリングされており、非同期プロジェクトとマルチスレッドプロジェクトのデバッグもサポートしています。
  • Docker 強化
    • SnapDevelop の新しい Docker Explorer 内で、Docker デプロイメント、イメージとコンテナーの管理、および Docker 構成管理を簡単に完了することができます。

データベースの機能強化

  • PowerBuilder
    • 新しい Microsoft OLE DB ドライバー (MSOLEDBSQL) のサポートを提供します。 これは、SQL Server 2012 – 2019 をサポートし、Microsoft によって非推奨となったネイティブクライアント (SQLNCLI) を置き換えます。
  • SnapDevelop
    • データベースの互換性を大幅に拡張し、Amazon Aurora および Azure クラウド固有のデータベースタイプ、SAP HANA、Sybase ASE をサポートします。

 

すべての新機能については、PowerBuilder Release History (英語) を参照してください。

インストールは Appeon ウェブサイトの User Center から “PowerBuilder Installer” をダウンロードし、利用したいコンポーネントを選択してインストールできます。オフライン環境向けのスタンドアローンインストーラーパッケージも “PowerBuilder Installer” からダウンロードすることができます。

リリース 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション