Appeon PowerBuilder 2021 (Build 1288) 英語版 GA

PowerBuilder 2021

Appeon PowerBuilder 2021 (Build 1288) 英語版 GA がリリースされました。

新しい PowerBuilder 2021 では、対応する PowerServer 2021 ランタイムが完全に改良されました。PowerServer 2021 は PowerBuilder の配布方法の一つの機能として、PowerBuilder 2021 に統合され、PowerBuilder アプリケーションを最新の .NET テクノロジーでデプロイできるようになりました。具体的には、プレゼンテーション層が Windows デバイス上で PowerScript をネイティブで実行するようになり、中間層はピュアな .NET Core 実装を使用して、標準な REST API を中心に再構築され、IIS または Kestrel にデプロイされます。また Git / SVN および Jenkins と統合し、コマンドラインインターフェイスを使用してすべての PowerBuilder プロジェクトをコンパイルする新しい CI / CD ユーティリティを追加しました。この統合により PowerBuilder はインストール可能なクラウドアプリを開発するための最も簡単で生産性の高いツールの 1 つとなり、既存の PowerBuilder プロジェクトを数週間以内にクラウドに変換できるようになりました。

なお、この新しい PowerServer の本番利用にはこれまでのバージョンと同様に PowerBuilder とは別にライセンスを購入する必要があります。

新しい機能

  • 新しい PowerServer のデプロイ機能
    • PowerBuilder 2021 からは PowerServer の Toolkit が新しくなり、PowerScript を変換せずにクラウドアプリとして Windows にデプロイされ、実行できるようになりました。中間層のデータベースへのアクセス処理は .NET Core ベースの REST API に変換され、IIS または Kestrel をサポートするクラウド環境へ展開できます。
  • CI / CD によるプロジェクトの自動化
    • 新たに PBAutoBuild210 コマンドラインツールが提供されました。クライアント / サーバーアプリケーションのほか、新しくなった PowerServer のクラウドアプリの構築もコマンドラインから利用できるようになりました。Jenkins など他のフレームワークを使用して CI / CD パイプラインを作成し自動化できます。

また Appeon 社より専用のデモサイトが用意されました。新しい PowerBuilder を体験するには、こちらのデモサイトにアクセスしてください。

PowerBuilder 2021 のすべての新機能については、PowerBuilder Release History (英語) を参照してください。

インストールは Appeon ウェブサイトの User Center から “PowerBuilder Installer” をダウンロードし、利用したいコンポーネントを選択してインストールできます。オフライン環境向けのスタンドアローンインストーラーパッケージも “PowerBuilder Installer” からダウンロードすることができます。

リリース 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画