テーブルにスキーマ名を付与しない場合、カラム名が “compute_####” となる

バグ情報

データベースのカラム名に全角記号や特殊文字を使用している場合、テーブルにスキーマ名を付与しないと作成したデータウィンドウのカラム名が “compute_####” となる不具合が確認されています。

Bug ID 1185
Product PowerBuilder JP
ステータス PowerBuilder 2017 R3 日本語版 MR (Build 1892) で修正済
発生バージョン EN 12.6以前 2017 2017 R2 2017 R3
JP 12.6以前 2017 R2 2017 R3

:発生バージョン    :解決済み、未発生    :未確認

詳細

下記条件のすべてを満たす場合、作成後のデータウィンドウで全角記号や特殊文字を使用したカラム名が “compute_####” となります。

  • Oracle ネイティブインターフェイス (ORA, O10, O90) を使用している
  • 「大文字/小文字の区別」に「オン」 (MixedCase=1) を指定している
  • FROM 句のテーブル名にスキーマを付与していない
  • 取得するデータベースの列名に全角記号や特殊文字を使用している

この事象は SyntaxFromSQL 関数でデータウィンドウのソースコードを作成した場合にも発生します。

回避策

本不具合に関する回避策は以下となります。

  • 発生条件を満たさないよう変更する
    • 前述した4つの条件のいずれかを満たさないように変更してください。
  • 記号を含む列に別名を指定する
    • 記号を含む列名に対して、記号を含まない別名を指定してください。
バグ情報 一覧を見る
PowerBuilder 製品トライアル申請