EditMask の Border プロパティを変更すると入力値の表示が不正になる

バグ情報

PowerScript で EditMask コントロールの Border プロパティを動的に変更した場合、入力されている値の表示が不正になる事象が報告されています。

Bug ID 3549
Product PowerBuilder EN/JP
ステータス Appeonにて検証中
発生バージョン EN 12.6以前 2017 2017 R2 2017 R3 2019
JP 12.6以前 2017 R2 2017 R3

:発生バージョン    :解決済み、未発生    :未確認

詳細

EditMask コントロールの「マスク」が設定されていて且つ「マスク データ型」が “stringmask!” の場合、PowerScript から EditMask コントロールの Border プロパティを変更すると値の表示が不正になります。

例えば「マスク」が “###-####” で「マスク データ型」に “stringmask!” が設定されている EditMask コントロールが “123-4567” で表示されている場合、Border プロパティを PowerScript で変更すると値が “123- 456” と表示されます。これは見た目上の問題であり、値としては “123-4567” が保持されています。

なお、データウィンドウの EditMask カラムでは本事象は発生しません。

回避策

本不具合に関する回避策は以下となります。

  • Border プロパティ変更後に値を設定しなおす。
    • Border プロパティ変更前に EditMask コントロールから GetData メソッドで値を取得しておき、プロパティ変更後に値を再設定してください。
バグ情報 一覧を見る
PowerBuilder 製品トライアル申請