データウィンドウの保存ダイアログでデータウィンドウ名が文字切れする

バグ情報

IDE上でデータウィンドウ名が長いデータウィンドウを変更後、データウィンドウの保存ダイアログで表示されるデータウィンドウ名が文字切れする事象が報告されています。

Bug ID 4927
Product PowerBuilder EN/JP
ステータス Appeon にて検証中
発生バージョン EN 12.6以前 2017 2017 R2 2017 R3 2019 2019 R2
JP 12.6以前 2017 R2 2017 R3

:発生バージョン    :解決済み、未発生    :未確認

詳細

IDE上でデータウィンドウを新規で作成する場合、データウィンドウ名が 41 文字を超えても保存できますが、そのデータウィンドウをペインタで変更後、「ファイル」-「名前を付けて保存」で表示されるデータウィンドウの保存ダイアログのデータウィンドウ名が 41 文字以降文字切れします。 そのため、そのまま [OK] ボタンをクリックすると別データウィンドウとして保存されます。

なお、データウィンドウ以外(ユーザオブジェクトやウィンドウ、関数など)は名前が 41 文字以上でも文字切れは発生しません。

回避策

  • 対象となるデータウィンドウを選択してから上書き保存する
    • データウィンドウの保存ダイアログで表示されているデータウィンドウリストから該当するデータウィンドウを選択後、上書き保存してください。
バグ情報 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション