SELECTBLOB 構文の文字数が大きい場合に異常終了する

バグ情報

埋め込み SQL で SELECTBLOB 文を発行する際、構文の文字数が大きい場合にアプリケーションや IDE が異常終了する事象が報告されています。

Bug ID 6221
Product PowerBuilder EN/JP
ステータス Appeon にて検証中
発生バージョン EN 12.6以前 2017 (R2) 2017 (R3) 2019
JP 12.6以前 2017 (R2) 2017 (R3)

:発生バージョン    :解決済み、未発生    :未確認

(2017 以外のバージョンについてはリリースされている最新リビジョンでの状況です)

詳細

埋め込み SQL で SELECTBLOB 文を発行する際、実際に発行される構文の文字数が 1004 文字以上になる場合、アプリケーションや IDE が異常終了します。

SELECTBLOB 文内でバインド変数を利用している場合は、代入後に生成された SQL 文でのサイズが影響します。 変数が代入された後の構文は transaction オブジェクトの sqlpreview 等で取得できます。

回避策

本不具合に関する回避策はありません。 構文の文字数が大きくなりすぎないように注意してください。

バグ情報 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション