データ型が異なるカラムのアクセス時にエラーが発生しない

バグ情報

GetItemString 関数を使用してデータ型が異なるカラムにアクセスした際に、エラーが発生しない事象が報告されています。

Bug ID 6286
Product PowerBuilder EN/JP
ステータス Appeon にて検証中
発生バージョン EN 12.6以前 2017 (R2) 2017 (R3) 2019
JP 12.6以前 2017 (R2) 2017 (R3)

:発生バージョン    :解決済み、未発生    :未確認

(2017 以外のバージョンについてはリリースされている最新リビジョンでの状況です)

詳細

データウィンドウで定義されているデータ型に対して異なる GetItem 関数、たとえば String 型で定義されているカラムを GetItemDate 関数や GetItemNumber 関数でアクセスした場合、データ型が不一致である旨のエラーが発生します。

しかし GetItemString 関数を使用して Number 型や Date 型カラムにアクセスした場合、異なる型にアクセスしているにも関わらずエラーが発生せずに空文字が返される事象が報告されています。

回避策

本不具合に関する回避策はありません。空の文字列が返された場合にエラーメッセージを表示させるなど、アプリケーションに併せて処理を追記してください。

バグ情報 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション