PB開発者はサンドボックスの夢を見るか

テクニカルブログ

プロダクトサポート部のTakedaです。

Windows 10 May 2019 Update (Windows 10 1903)でWindows サンドボックスという機能が提供されました。  今回はPowerBuilder/PowerServerから少し離れて、このWindows サンドボックスをPBアプリの動作確認で利用可能かを検証します。

 

Windows サンドボックスとは?

Windows 10 Pro/Enterprise上でWindows仮想マシンを起動できる機能です。

Windows サンドボックス

VMware PlayerやVirtualBoxなどの仮想化ツールと違い、仮想マシンの作成やOSのインストールなどの作業が不要ですが、Windows サンドボックス上で行った変更(設定やアプリインストールなど)は保存できず、起動するたびに初期化状態に戻ります。

Windows 10 May 2019 Updateを適用しても初期状態は無効になっているため、使用するにはコントロールパネルの[Windowsの機能の有効化または無効化]でWindows サンドボックスを有効にする必要があります。

Windows サンドボックスを有効にした後にPCを再起動すれば、スタートボタン内のメニューに[Windows Sandbox]が追加されているはずです。  余談ですがコントロールパネルでは[サンドボックス]ですがスタートメニューでは[Sandbox]と英語表示です。(^^;

Windowsの機能の有効化または無効化

また、以下のシステム要件を満たす必要がありますので、こちらも注意してください。

<Windows サンドボックス システム要件>
  • Windows 10 ProまたはWindows 10 Enterprise Build 18305以降
  • ADM64アーキテクチャー
  • BIOSの仮想化支援機能の有効化
  • 2CPUコア以上 (Hyper-Threding対応の4コア推奨)
  • 4GB以上のシステムメモリ (8GB推奨)
  • 1GB以上のディスクスペース (SSD推奨)

 

Windows サンドボックスの利用

スタートメニューからWindows Sandboxを起動すると15秒程度でSandboxの画面が表示されます。(初回起動時やHDD搭載PCでは、もう少し時間がかかるかもしれません)

サンドボックスへPBアプリや必要なランタイムファイルを持っていくには共有フォルダを作成するか、コピー&ペーストでコピーします。  (現時点では?)ドラッグ&ドロップには対応していないので注意してください。

検証用に簡単なPBアプリをデプロイし、サンドボックス側で実行しましたがPBVM190.dllが見つからないと怒られました。  当然ですよね、PBアプリ実行にはPBランタイムが必要なのですから・・・

PBランタイムが見つかりません

ランタイムパッケージャーでPBランタイムのセットアップファイルを作成してサンドボックスにインストールしましたが、またまた怒られます。  MSVCR100.dll(VC++ 2010のランタイム)が必要だそうです・・・

VCランタイムが見つかりません

Microsoft Visual C++ 2010 ランタイムをインストールしたらアプリの画面が表示されました!!  Windows サンドボックスでPBアプリの検証を行うには、最低でもPBランタイムとVC++ 2010ランタイムのインストールが必要なようです。

 

PBアプリ検証環境としての可能性

今回検証したアプリはDB接続もしないため、一般的なC/Sアプリの場合にはDBクライアントやその他のランタイムも必要になりますが、サンドボックスでのPBアプリ動作は可能だと思います。

ただし、起動するたびに各種ランタイムをインストールする(構成ファイルを作ることで初期セットアップを行うことも可能なようですが・・・)必要があるとか、インストール後に再起動を必要とするアプリやランタイムの検証には使えない、ロケールやキーボード設定が英語圏の設定になるなど、手間や制限/制約を考えると開発プロジェクトのテスト工程で利用するのは難しいようにも感じます。  事前に動作確認を行って可否判断することをお勧めします。

Windowsサンドボックスはリリースされたばかりの機能であり、今後のアップデートで機能強化される可能性があります。  また、アプリのリリース手順確認など開発プロジェクト内でも活用できるポイントはあると思いますので、Windows 10 May 2019 Updateを適用したらぜひ使ってみてください。

テクニカルブログ 一覧を見る
PowerBuilder 製品トライアル申請