Appeon InfoMaker 2017 R3 MR 1917J – 2017 R3 1892J からの Bug Fix

BugFixes

この MR で修正されたバグ情報です。このバグ情報の PDF は、ページ下記のリンクよりダウンロードできます。

 

Appeon InfoMaker 2017 R3 MR 1917J – 2017 R3 1892J からの Bug Fix


InfoMaker 2017 R3 MR 1917J は以下の新機能をサポートします。

  • Oracle 18c および 19c

バグID:

2735

O/S: Microsoft Windows 7, 8.1, or 10
製品名: Appeon PowerBuilder 2017 R3 製品コンポーネント:

PowerBuilder IDE

PB 2017 R2 / R3 で PB4 コードを実行できません。


バグID:

1366

O/S: Microsoft Windows 7, 8.1, or 10
製品名: Appeon PowerBuilder 2017 R3 製品コンポーネント:

PowerBuilder IDE

フォントがMS UI Githicの場合、行の[高さの自動調整]が有効になっていると、データウィンドウの列データが完全に表示できません。


バグID:

503

O/S: Microsoft Windows 7, 8.1, or 10
製品名: Appeon PowerBuilder 2017 R3 製品コンポーネント:

PowerBuilder IDE

[名前を付けて行を保存]を使用してExcelでヘッダー付きで保存する場合、空の行が含まれていると結果が正しくありません。


バグID:

1864

O/S: Microsoft Windows 7, 8.1, or 10
製品名: Appeon PowerBuilder 2017 R3 製品コンポーネント:

PowerBuilder IDE

スペースは SaveAs (XLSX!) でトリミングされます。


バグID:

1620

O/S: Microsoft Windows 7, 8.1, or 10
製品名: Appeon PowerBuilder 2017 R3 製品コンポーネント:

PowerBuilder IDE

「NativePDF」でエクスポートすると、データウィンドウの列のフォントが [MS Mincyo] の場合、出力フォントの表示が異なります。


バグID:

2627, 2628

O/S: Microsoft Windows 7, 8.1, or 10
製品名: Appeon PowerBuilder 2017 R3 製品コンポーネント:

PowerBuilder IDE

SaveAs の[名前を付けて保存]ダイアログに保存する場所およびエンコーディング オプションがありません。

 

 

ダウンロードはこちら

Appeon InfoMaker 2017 R3 MR 1917J – 2017 R3 1892J からの Bug FixAppeon InfoMaker 2017 R3 MR 1917J – 2017 R3 1892J からの Bug Fix

 

ドキュメント 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション