Appeon社とのミーティング

ビルダーコラム

2020年最後のビルダーコラムです。

今年も残すところ後一週間になりました。明日には仕事納めになる方も多いのではないかと思いますが、2020年は皆様にとってどのような一年になりましたでしょうか。

仕事の仕方や生活様式など、本当に多くの変化があった一年でしたが、まだまだ順応出来ていない部分があったと感じています。時間の使い方やコミュニケーションの取り方など反省点も多くあっと感じていますので、2021年はもっと試行錯誤してより活発に、より楽しみながら活動していきたいと思います。

・・・と個人的な話はここまでにして、先日Appeon社とWebミーティングを行いましたので、少しだけ内容をご紹介させていただきます。

ミーティングの主な議題は「PowerBuilderの販売実績」と、「今後の製品リリース予定」になりますが、まず日本市場での販売実績はおかげさまで前年を大きく上回る事ができ、国別の販売数でみても日本が上位に入る事ができました。PowerBuilderをご利用いただいている皆様には、本当に感謝申し上げます。

UP

また、ワールドワイドでも同様に前年比を上回っているとの事で、地域別では北米での販売数が大きいとの事。詳細はお話できませんが、本当に多く方に利用されているのだなと実感しました。

製品リリース予定について来年はPowerBuilde 2019 R3が大きな目玉となりますが、現時点では英語版が2021年1月頃、日本語版は2021年7~8月頃になる見込です。

新しいUIテーマの追加やC# Web APIの開発ができる「SnapDevelop」のバンドルなど魅力的な新機能も多く、LTSバージョンとしてリリースされるPowerBuilder 2019 R3はAppeon社が海外で実施したアンケートでも非常に高い評価をうけたとの事でした。日本語版をお待ちいただいている方も多いのではないかと思いますが、なるべく早くリリースできるように、Appeon社および弊社でローカライズ作業を進めますので、今しばらくお待ちください。

尚、英語版にはなりますがβ版が提供開始されましたので、実装予定の新機能をいち早くお試しいただければと思います!!

2021年はPowerBuilder 2019 R3もリリースされ、東京オリンピックも開催される(?)予定ですので、2020年とはまた違う慌しい一年になるかと思いますが、新たな目標をもって2021年を迎えたいと思います!!

来年もどうぞよろしくお願いいたます。

ビルダーコラム 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション