PowerBuilder 2019 (英語版) β2 提供中

PowerBuilder 2019 ベータ プログラム

PowerBuilder 2019(英語版) ベータプログラムにて、2月21日より β2 が提供されています。

β2では、β1で提供されていたUIテーマに加え、C# Web APIとC# アセンブリなどPowerBuilder 2019で予定されているすべての新機能が盛り込まれています。

ベータプログラムは、Elevate 2018参加者および有効なPowerBuilderサブスクリプションを持つユーザーが対象です。  PowerBuilder 2019 β2は、User CenterのDownloadページからダウンロードできる Appeon Installer からインストールできます。  ぜひ、最新の機能を体験してください!

 


 

PowerBuilder 2019 (英語版) β2 新機能

 

シンプルで高速なC# ORM FrameworkとC# IDEを使用してC# Web APIとC# アセンブリを開発することができます。  これにより、C#開発はネイティブのPowerBuilderと同じくらい簡単で生産的になります。また、既存のプロジェクト資産を活用できるように、C#移行ソリューション(フレームワークとツール)も提供されています。

※ C#関連の機能をテストするには、Cloud/Universal Editionサブスクリプションが必要です。

C# ORM Framework

PowerScriptのDataStoreと同じように機能するC# DataStoreと、主要なC# ORM Frameworkよりもコード記述、トランザクション管理、パフォーマンスの面で優れたSnapObject Frameworkで構成されています。

C# Migration

C# DataStoreのDataObjectとModelを生成するデータウィンドウ変換ツール群と、開発者が既存の埋め込みSQLを新しいC#プロジェクトへコピー&ペーストできるC# SQL Executorで構成されています。

C# IDE

ノンビジュアルC#プロジェクトを開発するためのSnapDevelopと呼ばれる軽量で機能豊富なC# IDEです。  SnapDevelopは無料で、他のIDEよりも優れたパフォーマンスを提供します。

SnapDevelopを(PowerBuilder IDEの代わりに)使用して、新しいC#機能を体感してください!

お知らせ 一覧を見る
PowerBuilder 製品トライアル申請