PowerBuilder Standard更新に関する注意点のご案内

お知らせ

Standard Editionの新規提供は2020年内サブスクリプション開始分をもって終了となりますが、Standard Editionの有効なサブスクリプショライセンスをお持ちのお客様は2021年以降も更新は可能です。

2021年以降のStandard Edition更新に関する主な注意事項をご案内いたします。


ライセンス管理者の変更について

サブスクリプション更新と同じタイミングでライセンス管理者のアカウントを変更する場合は、新規ご注文の扱いとなるため、Standard Editionの更新と同時にライセンス管理者のアカウントを変更する事はできません。

ライセンス管理者のアカウントを変更する場合は、サブスクリプション更新前、もしくは更新後にお客様より直接Appeon社へ依頼していただく必要があります。ご要望がありましたら手順をご案内いたしますので、お問い合わせください。

サブスクリプション数の変更について

Standard Editionの有効なサブスクリプション数を上限に更新できますが、追加購入はできません。PowerBuilderサブスクリプションライセンスの追加が必要な場合は、Professional / CloudProのどちらかをご選択ください。

尚、数量を減らして更新する事はできますが、一度減らした場合、減数前のサブスクリプション数に戻す事もできませんので、ご注意ください。

失効後の再購入について

Standard Editionのサブスクリプションライセンスが失効した場合、遡及契約も受付けていないため再購入はできません。期間更新をご検討の際は、サブスクリプションが失効しないように、早めのお手続きをお願いいたします。

失効後にPowerBuilderサブスクリプションライセンスが必要な場合は、Professional / CloudProのどちらかよりご選択いただく必要がありますので、ご了承ください。


ご不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

お知らせ 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画