データウィンドウへコントロールを動的に追加する

PowerBuilder Tips

方法

データウィンドウにスクリプトでコントロールを動的に追加するには、データウィンドウの Modify 関数を利用します。

Modify 関数の “Create” キーワードを指定することでコントロール(テキスト、ビットマップ、グラフィックコントロールなど)の追加を、また “Destroy” キーワードでコントロールの削除を行うことができます。

[データウィンドウ dw_cust のヘッダ領域に rect1 という名前の長方形コントロールを追加します]

string modstring

modstring = 'create rectangle(Band=background X="206" Y="6" height="69" width="1363" '
modstring += 'brush.hatch="6" brush.color="12632256" pen.style="0" pen.width="14" pen.color="268435584" '
modstring += 'background.mode="2" background.color="-1879048064" name=rect1 )'

dw_cust.Modify(modstring)

[Destroy キーワードを使用してデータウィンドウ dw_cust から logo という名前のビットマップコントロールを削除します]

dw_cust.Modify("destroy logo")

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション