重複値を除外してグループ単位の値を集計する

PowerBuilder Tips

方法

データウィンドウでグループ単位となる値を集計する際に、すべての行を合計しないようグループごとに 1 件ずつを集計対象とするには、集計関数で DISTINCT を指定します。

グループ単位となるカラムでもデータウィンドウではすべての行で値を保持しているため、そのまま集計すると行数分のデータが集計されてしまいます。 これを回避するために、Sum、Avg、Percent などのデータウィンドウ集計関数では DISTINCT キーワードを利用することで指定したカラムでグループ化し、グループごとに 1 件のデータのみを集計対象とすることができます。

なお、DISTINCT キーワードを利用するにあたりデータウィンドウにグループを作成する必要はありません。

【例】同じ group_column ごとに 1 件ずつ value_column の値を合計する

Sum( value_column for all DISTINCT group_column)

value_column と group_column に同じカラムを指定することも可能です。

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画