ウィンドウを閉じないように制御する

PowerBuilder Tips

方法

処理の実行中や入力データの更新前などの場合に、ウィンドウの閉じるボタン (ウィンドウ右上の [×] ボタン) のクリックによりウィンドウを閉じないようにするには、CloseQuiry イベントを利用します。

ウィンドウの閉じるボタンをクリックしたときなど、ウィンドウが閉じられる前には CloseQuery イベントが発生します。このイベントで返す値によってウィンドウを閉じるかどうか制御することが可能です。

このイベント内で「0 (デフォルト)」を返すとウィンドウをクローズし、「1」を返すとウィンドウのクローズをキャンセルします。また、メッセージを表示してユーザーの判断を促すことも可能です。

【例】

[CloseQuiry イベント]

// 親ウィンドウの座標、幅および高さを取得
IF MessageBox("注意", "ウィンドウを閉じますか?", Question!, YesNo!) = 2 THEN
    // 応答が no の場合は、ウィンドウが閉じないようにします。
    RETURN 1
ELSE
    RETURN 0
END IF

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション