データウィンドウの「グループごとに改ページ」を切り替える

PowerBuilder Tips

方法

データウィンドウに作成したグループのプロパティ「グループごとに改ページ (NewPage)」はスクリプトで変更することができません。

このため、「グループごとに改ページ」が有効のものと無効のデータウィンドウオブジェクトを作成して切り替えます。データウィンドウオブジェクトの変更は DataObject プロパティを指定します。

下記は現行のデータウィンドウオブジェクトから、「グループごとに改ページ」を有効に設定したデータウィンドウオブジェクト (d_newpage) に切り替え、データも移行するサンプルです。

ExportJson / ImportJson 関数を利用することで、行のステータス (データの変更状態) も含めて変更後のデータウィンドウにデータをコピーすることができます。

【例】

string ls_data

// データをエクスポート (データウィンドウ JSON 形式)
ls_data = dw_1.ExportJson(true)

// データオブジェクトを変更
dw_1.dataobject = "d_newpage"

// データをインポート
dw_1.ImportJson(ls_data)

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2019R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilderとは? ~デキる大人へ変身できる?ローコード開発ツール~