Create したインスタンスの存在チェックをする

PowerBuilder Tips

方法

Create したインスタンスの存在チェックを行なうには、IsValid 関数を使用します。

IsValid 関数はオブジェクトのインスタンスが作成されているかどうかを調べることができます。

 

【例 : 1】

// ウィンドウ w_emp が開いているかどうかを判定し、開いていない場合は開きます
IF IsValid(w_emp) = FALSE THEN Open(w_emp)

【例 : 2】

// オブジェクトのインスタンスが作成されている場合、そのインスタンスを破棄します
OLEStorage istg_prod_pic
istg_prod_pic = CREATE OLEStorage
IF IsValid(istg_prod_pic) THEN DESTROY istg_prod_pic

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション