アプリケーションが IDE と EXE のどちらから起動されたかを判別する

PowerBuilder Tips

方法

PowerBuilder IDE からアプリケーションを実行した場合、アプリケーション ハンドルを持ちません。この特性を利用して、アプリケーションのハンドルを Handle 関数で取得し、戻り値が 0 の場合は PowerBuilder IDE からの起動、それ以外の場合は EXE から実行されたと判別することができます。

【例】

IF Handle( GetApplication() ) = 0 THEN
    MessageBox("GetApplication", "アプリケーションは IDE で実行されました。")
ELSE
    MessageBox("GetApplication", "アプリケーションは EXE で実行されました。")
END IF

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2019R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画