行のデータが変更されたことを確認する

PowerBuilder Tips

方法

行のデータの変更を確認するには、GetItemStatus 関数を使用します。最初の引数に確認する行番号、2 番目の引数にカラム番号、そして 3 番目の引数にバッファを指定します。

なお、カラム番号に 0 を指定することで、特定のカラムに限らず行全体で変更されたことを確認できます。

GetItemStatus の戻り値は DWItemStatus カタログデータ型であり、データベースから取得されたデータでは DataModified!、新規で追加された行では NewModified! であるかを確認することでデータが変更されたと判断できます。

【例】データベースから検索したデータが変更されているか確認する

// データウィンドウ (dw_1) の 1 行目のデータが変更されている確認

IF dw_1.GetitemStatus(1, 0, Primary!) = DataModified! THEN

    // 行のデータに変更があった場合の処理

ELSE

    // 行のデータに変更がない場合の処理

END IF

データウィンドウのステータスについては、下記の記事でも詳しく紹介されています。

データウィンドウによる更新のしくみ

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2019R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画