コンパイル時のデータベースに関する警告メッセージをオフにする

PowerBuilder Tips

方法

IDE でコンパイルや実行の際のデータベースに関する警告メッセージをオフにするには、スクリプトのオプションで「DB 警告メッセージの表示」のチェックを外して PowerBuilder を再起動します。

スクリプトのオプションはウィンドウやオブジェクトのペインタを開き、メニューの [デザイン|オプション] から [スクリプト] タブを選択します。

例えば複数のデータベースに接続するアプリケーションでは、コンパイル時にはスクリプト内の SQL がどのデータベースに対する記述であるかを特定できないため、現在 IDE が接続していないデータベースのテーブルへの SELECT 文を記述するとエラー (表が存在しない) が発生しコンパイルすることができませんが、データベースに関する警告メッセージを OFF にすることでコンパイルが可能です。

なお「DB 警告メッセージの表示」が OFF の状態では、存在しないテーブルや列を指定している場合など SQL 文に誤りがあってもチェックが行われないので注意してください。

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2019R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画