条件に合わない値が入力されたときにフォーカス移動させない

PowerBuilder Tips

方法

カラムに値が入力された際、入力値が特定の条件に一致しない場合にフォーカスをそのカラムに留めるには、ItemChanged イベントで RETURN 1 により処理を終了させます。

ItemChanged イベント内の引数 data から入力された値を取得し、その値を判定して RETURN 1 で処理を終了することによりフォーカスが移動しなくなります。

たとえば、入力値が “A”、”B” 以外の場合にフォーカスを移動しないようにするには、ItemChanged イベントに下記のように記述します。

【例】

// A または B 以外が入力されたときはフォーカス移動しない
IF data <> "A" AND data <> "B" THEN
    RETURN 1
END IF

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション