グループの最終行をデータウィンドウ式で判定する

PowerBuilder Tips

方法

データウィンドウ内のグループごとの最終行であるかどうかは、データウィンドウ式により Max 関数で “for group” キーワードを使用してグループごとの行番号 (GetRow 関数) の最大値、つまり各行が属するグループの最終行の行番号を取得し、各行番号と比較して等しいかどうかで判定できます。

下記はグループ内の最大の行番号を取得する例です。

Max(GetRow() for group 1)

それぞれの行で取得した値と行番号とを比較し、等しい場合はグループ内の最終行であると判断できます。

【例】グループの最終行であれば、1 を返し、それ以外の場合は 0 を返す

If(GetRow() = Max(GetRow() for group 1), 1, 0)

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2019R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画