コンパイルした日付や時刻をアプリケーションで利用する

PowerBuilder Tips

方法

コンパイルした日付や時刻を利用するには date 型で宣言し、初期値として today() や now() で初期化することで宣言された変数に代入されます。

プログラムがいつコンパイルされたのか画面上に表示させたい場合などに有効です。

【例】

// コンパイル日を取得
date  lda_today = Today()

注意

コンパイル日は現在の日付とは異なります。Today 関数で現在の日付を取得したい場合は宣言と代入を分けて記述してください。

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2019R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画