印刷ページ数を取得する

PowerBuilder Tips

方法

スクリプトで印刷ページ数を取得するには Describe 関数内で Evaluate 関数を使用して、データウィンドウ式関数である PageCount を呼び出します。

データウィンドウ式関数では PageCount 関数で印刷ページ数を取得することができますが、PowerScript スクリプトから直接呼び出すことはできません。 スクリプトからは Evaluate 関数を使用することでデータウィンドウ式関数を呼び出すことができます。 Evaluate 関数は Describe 関数の中でのみ使用できる関数です。

Evaluate の構文は以下のとおりです。

dwcontrol.Describe ("Evaluate ( 'expression' , rownumber ) " )

expression は評価するデータウィンドウ式で、rownumber は式を評価する行番号です。 印刷ページ数など行に依存しない値を算出する場合は rownumber に 0 を指定します。

なお、Describe 関数の戻り値は string 型であるため必要に応じて型変換を行ってください。

【例】

string ls_pages

// dw_1 の印刷ページ数を文字列として返す
ls_pages = dw_1.Describe("Evaluate('PageCount()', 0)")

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション