カラムのコード表の値を取得する

PowerBuilder Tips

方法

ラジオボタンやドロップダウンリストなどのカラムに関連付けられたコード表の値を取得するには、データウィンドウ式関数の LookUpDisplay 関数を使用します。

スクリプトで取得する場合は Describe 関数内で Evaluate 関数を使用して、LookUpDisplay 関数を呼び出します。

【例】データウィンドウ dw_1 の 5 行目の dept_id カラムのデータに関連付けられた値をコード表から取得する

dw_1.Describe("Evaluate('LookUpDisplay(dept_id)', 5)")

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション