データウィンドウに配置されたコントロールをスクリプトで別の区域に移動する

PowerBuilder Tips

方法

データウィンドウ内のコントロールを別の区域に移動するには、SetPosition 関数を使用します。

SetPosition 関数の構文は下記のとおりです。

integer dwcontrol.SetPosition ( string controlname, string band , boolean bringtofront )

第1引数の controlname が移動させるコントロール名、第 2 引数の band が移動先の区域となり、detail (詳細)、header (ヘッダ)、footer (フッタ)、summary (サマリー)、header.# (グループヘッダ)、trailer.# (グループフッタ) のいずれかを指定します。

第3引数の bringtofront は移動先の区域の最前面に移動するかどうかを指定することができます。

【例】カラム (dept_id) をグループ 1 のヘッダーの最前面に移動します

dw_1.SetPosition("dept_id", "header.1", TRUE)

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2019R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画