PowerScript 標準データ型

PowerBuilder Tips

PowerBuilderの標準データ型は、char、integer、decimal、long、stringなど、多くのプログラミング言語で使用されている一般的なデータ型です。

PowerScriptでは、これらのデータ型を使用して変数または配列を宣言します。

 

Blob

バイナリラージオブジェクト

量を限定できないデータ(一般的なバイナリデータ、画像データ、ワープロ文書などの大きなテキストデータ)を格納するために使用します。

 

Boolean

真理値

true(真)またはfalse(偽)を格納します。

 

Byte

8-bit符号なし整数

0 から 255までの正の整数値を格納するために使用します。 リテラル値を代入する場合、先頭のプラス符号は必要ありません。

 

Character (Char)

1文字分のUnicode文字

リテラル値を代入する場合は単一引用符(‘)または二重引用符(“)で囲みます。  Char型の変数に文字列のリテラル値(String型)を代入した場合は最初の文字だけが格納されますが、Char型配列に文字列(String型)を代入した場合は1文字毎に配列の要素として格納されます。

 

Date

4桁年の日付

年(1000~3000)、月(01~12)、日(01~31)からなる日付を格納するために使用します。  リテラル値を代入する場合は年、月、日をハイフンで区切ります。

 

DateTime

日付と時刻

データベースのDateTime値を読み書きするために使用します。  データベースから読み取ったDateTime値からPowerBuilderのDateに変換するには Date( datetime )関数、Timeに変換するには Time( datetime )関数を使用します。  PowerBuilderのDate/TimeをDateTime型に変換するには DateTime( Date, Time )関数を使用します。

 

Decimal (Dec)

最大28桁の符号付き10進数

小数点は任意の位置に配置できます。  リテラル値を代入するには、小数点があり指数部のない任意の数値を指定します。  プラス符号および整数部が0の小数点左側の0、整数時の小数点以下(.00など)は省略できます。

 

Double

15桁精度の符号付浮動小数点

2.2250738585073E-308~1.79769313486231E+308 または -2.2250738585073E-308~-1.79769313486231E+308 までの値を格納できます。

 

Integer (Int)

16-bit符号付き整数

-32768~+32767までの値を格納できます。  リテラル値を代入するには任意の整数(正、負または0)を指定します。  先頭のプラス符号は必要ありません。

 

Long

32-bit符号付き整数

-2147483648〜+2147483647までの値を格納できます。  リテラル値の代入はInteger型と同じですが、より長い桁の数を指定できます。

 

Longptr

プラットフォームによりサイズが変わるLong型

32-bitプラットフォームでは4バイト、64-bitプラットフォームでは8バイトになるLong型です。  32-bitアプリケーションではLong型と同じですが、64-bitアプリケーションでLongptr変数を保持するためにLongを使用するとデータが8バイトから4バイトに切り捨てられます。  主に外部関数との値のやり取りで使用します。

 

Real

精度6桁の符号付き浮動小数点数

リテラル値を代入するには後ろにEと整数が付いた10進数を指定します。  スペースは使用できません。  また、指数部(Eの後ろの整数)前のプラス記号は省略できます。

 

String

可変長のUnicode文字列

0~1073741823までのUnicode文字列を格納できます。  リテラル値を代入するには、長さゼロの文字や空の文字列を含めて最大1024文字を単一引用符(‘)または二重引用符(“)で囲みます。

 

Time

24時間形式の時刻

時(00~23)、分(00~59)、秒(00~59)、秒未満(最大6桁)からなる00:00:00.000000~23.59.59.999999までの時刻を格納するために使用します。  リテラル値を代入する場合、時分秒はコロン(:)、秒未満は小数点で区切ります。

 

UnsignedInteger (UnsignedInt / UInt)

16-bit符号なし整数

0 から 65535までの正の整数値を格納するために使用します。

 

UnsignedLong (ULong)

32-bit符号なし整数

0 から 4294967295までの正の整数値を格納するために使用します。

 

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017以降

 分 類  :PowerScript

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション