データウィンドウを印刷する際に特定のページ数だけを印刷する

PowerBuilder Tips

方法

データウィンドウのデータを印刷する際に複数ページのうち、特定のページ数だけを印刷したい場合、データウィンドウコントロールの PrintPage イベントで引数 PageNumber (これから印刷されるページ番号) によって Return 文を使い分けることで特定のページだけを印刷することが可能です。

戻り値は以下となります。

  • 0 – ページをスキップしません。
  • 1 – ページをスキップします。

【例】

// 複数ページのうち偶数ページだけを印刷する
IF Mod(pagenumber, 2) = 0 THEN
    RETURN 0
ELSE
    RETURN 1
END IF

また Page.RangeInclude プロパティを利用することで奇数/偶数ページの印刷制御を行うこともできます。

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション