コントロールのイベントを別のコントロールのイベントから実行する

PowerBuilder Tips

方法

たとえば、データウィンドウ内に配置したボタンコントロールのクリックをウィンドウ上のボタンから起動するなど、特定のコントロールのイベントを別のコントロールのイベントから起動するには、TriggerEvent 関数や PostEvent 関数を利用します。

  • TriggerEvent
    • 指定されているオブジェクトに関連付けられているイベントを発生させ、そのイベントに対するスクリプトをただちに実行
  • PostEvent
    • イベントをオブジェクトのイベント キューの最後に追加

また EVENT 構文、POST 構文を使用してイベントを起動することもできます。 この構文はイベントの引数を指定して呼び出すことができます。

  • controlname.EVENT eventname(parameter)
  • controlname.POST eventname(parameter)

たとえば、データウィンドウ内に配置したボタンコントロールをクリックする場合は、ButtonClicked イベントに必要な引数を併せて指定して起動します。

【例】

// データウィンドウ (dw_1) 内に設定したボタン ( cb_1 ) をクリックするイベントを起動
dw_1.EVENT ButtonClicked(dw_1.GetRow(), 0, dw_1.object.cb_1)

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション