動的に作成したデータウィンドウを PBL に保存する

PowerBuilder Tips

方法

動的データウィンドウを PBL に保存するには、LibraryImport 関数を使用します。

【例】

// 変数宣言
Integer li_cd_rtn
String ls_dwsyntax
String ls_err
String ErrorBuffer
// DataWindow ソースコードを作成
ls_dwsyntax = SQLCA.SyntaxFromSQL( "SELECT col_1, col_2 FROM example", "Style(Type=grid)", ls_err )

IF Len( ls_err ) = 0 THEN
    // 動的データウィンドウを PBL に保存
    li_cd_rtn = LibraryImport( "c:\pb\sample.pbl", "dw_example", ImportDataWindow!, ls_dwsyntax, ErrorBuffer )
END IF

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション