グリッド提示様式で作成されたデータウィンドウのカラム順を入れ替える

PowerBuilder Tips

方法

グリッド提示様式で作成されたデータウィンドウ内の表示されているカラムの表示順は、以下の方法で変更が可能です。

変更するカラムの数が少ない場合は、以下のいずれかの方法でカラムの表示順を変更できます。

  • データウィンドウのプレビューを開き対象のカラムをドラッグ & ドロップすることで、カラムの順番を変更する
  • 一度すべてのカラムを削除したうえで [ペインタバー] の [カラムを配置します] ボタンでカラムを任意の順番で追加する

変更するカラムの数が多い場合は、以下の手順でカラムの表示順を変更できます。

  • 変更するカラムの数が多い場合は、データウィンドウを改めて再作成する
  • 既存のデータウィンドウから [データソース] を選択し、表示したい任意のカラム順序に変更したうえで SELECT 文をコピーして名前をつけて保存する
  • 次に、新規でグリッド提示様式で「データウィンドウ」を作成し、[デザイン] – [SQL 構文の編集] から、先ほど保存した SELECT 文を貼り付けてデータウィンドウを作成することで、指定したカラムの表示順でデーウィンドウを作成する

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション