先祖オブジェクトのイベントの戻り値を子孫の同イベントで使用する

PowerBuilder Tips

方法

先祖のオブジェクトに記述されたイベントや関数の戻り値を子孫のスクリプトで利用する場合は、AncestorReturnValue 変数を利用します。

先祖スクリプトを拡張したイベントや関数では、先祖スクリプトが実行された後に子孫のスクリプトが実行されます。このとき先祖スクリプトの結果によって子孫スクリプトの処理を分岐させるなどの場合には、AncestorReturnValue 変数に格納された先祖スクリプトでの戻り値を使用します。

 

Tips情報

プロダクト :PowerBuilder

バージョン :2017R3

Tips 一覧を見る
PowerBuilder マイグレーション
PowerBuilder 2019 R3 日本語版リリース 紹介動画